お問い合わせ サイトマップ
圧力をかけず、老朽管にもやさしい工法
建物形状と配管材料にかかわりなく施工でき、配管をいためません。
 
他工法との比較
工法名称 工法の主な特長
オゾン殺菌工法 ○オゾンの酸化力で、赤サビ・ヌメリ・汚れを分解殺菌洗浄
○効果が即日確認できます
○給水、給湯管内に「酸化保護皮膜」をつくり、赤サビ、スライム、汚れの付着を防止
○建物形状と配管材料にかかわりなく施工ができ、しかも配管をいためません
○工期、断水時間は短く、費用も極めて低コスト
配管取替工法 ○全て新しい給水管に交換
○非常にコストが高く、工期が長い
ライニング工法 ○高圧空気で給水管をサンド研磨し、エポキシ樹脂でコーティング
○工期が長く、管に穴があく場合も。給湯管(鋼管)に施工不可
○屈曲部などではエポキシ樹脂を均等に塗布できない場合がある
○エポキシ樹脂に含まれるビスフェノールAには環境ホルモンの疑いがあり、水道水中に溶け出す恐れがある
脱気工法 ○装置で水中の酸素を除去し、赤サビの形成をとめる
○ランニングコストが高く、メンテナンスが難しい
磁気工法 ○効果確認に時間がかかる(約3ケ月〜2年)
○給水管に直接バイパスを組み、装置を取付ける。または水槽内に装置を取付け、水を攪拌する
○効果にばらつきがある。効果確認に時間がかかる(約3ケ月〜2年)
このページのトップへ