お問い合わせ サイトマップ
化学薬品を使用しない「オゾン殺菌工法」
オゾンアクア殺菌洗浄の特長
1)オゾンの持つ、酸化分解力で赤サビ・スライム・殺菌を隅々まで殺菌洗浄
2)圧力をかけないので管を傷めずに洗浄します
3)オゾンの持つ脱臭効果で水道管内の悪臭を取り除きます
4)酸化皮膜ができ水道管の寿命が飛躍的に伸び、建物の資産価値が向上します
5)オゾンは約20分で酸素に戻るので残存せず安心です
化学薬品を使用しない「オゾン殺菌工法」
オゾンとは?
酸素からできています
オゾン(O3)は、酸素(O2)が一般的に変化したものです。オゾン層が有名ですが、森林や海岸にも微量に存在し、健康に良いとされています。※0.01〜0.03ppm
オゾンの利用は「塩素」よりも古く、20世紀初頭のヨーロッパで既に水道に使われています。我が国でも近年、東京都水道局や大阪市水道局で水道水の殺菌の一環として用いられており、追随する自治体も増えてきています。
毒性がありません
オゾンは、数十分で酸素に戻ります。塩素系殺菌剤やエタノール系殺菌剤を使えない場所にも残留性のない殺菌水として使用できます。
気体としてのオゾンには毒性があるため、空気(O2)を特殊な放電管で放電生成したオゾン(O3)をさらに超微気泡状態にして溶け込ませて作る「オゾン水」として活用します。
強力な殺菌力
オゾン、オゾン水ともに強力な酸化力があります。
オゾンは、3つの酸素原子のうち一つを他の物質に与えて、O2すなわち通常空気中にある酸素分子になろうとする性質があります。この強い酸化作用の働き、殺菌・脱臭・脱色効果をもたらします。
オゾンは塩素の約6倍以上の殺菌力を持っています。このオゾンが隅々まで行き渡るので、食中毒の原因菌などを強力に殺菌できるのです。
このページのトップへ